資源循環5R×r(ゴアールバイアール)とは

5R×r(ゴアールバイアール)とは

資源循環5R×r(ゴアールバイアール)とは、サンエスグループの資源循環の取り組みです。

環境配慮・廃棄物対策に関するキーワードで 「3R」というワードはよく耳にします。

3R は Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)の3つのRを用いて廃棄物削減を行っていくという考え方です。

5Rとは、以下の5つのRの頭文字をとっています。

①Reduce リデュース 廃棄物の発生抑制を念頭に、
②Reuse リユース 再利用
③Repair リペア 修繕
④Regeneration リジェネレーション 再生
⑤Recycle リサイクル 再資源化と減量化

1の廃棄物の発生抑制(Reduce リデュース)をするための手段が、
 2、Reuse リユース 再利用
 3、Repair リペア 修繕
 4、Regeneration リジェネレーション 再生
 5、Recycle リサイクル 再資源化と減量化
であると考えています。

さらに、この5Rを通じ、
企業の『捨てる責任』(responsibilityリスポンシビリティ)の
支援に取り組むこと。

それを「 ✕r(バイアール)」として、表現しています。

以上の取り組みにより、
オフィス移転やレイアウト変更により発生する オフィス家具に新たな価値を見出し、
廃棄物の発生抑制と再資源化、減量化をすることで
微力ながら脱炭素・カーボンニュートラルへの取り組みに貢献し
サステナブル社会を目指します。

もったいオフィスはSDGs目標へ貢献します

私たちもったいないオフィスは5R×rを通じて、SDGs目標にも貢献していきます。

  • SDGs12つくる責任つかう責任

    つくる責任つかう責任(ゴール12)

    オフィス家具のリュース提供・リュース活用を通じて 廃棄物を軽減する

  • SDGs8働きがいも経済成長も

    働きがいも経済成長も(ゴール8)

    オフィス家具の入れ替えにより、働く環境を改善する

  • SDGs9産業と技術革新の基盤をつくろう

    産業の基盤をつくる(ゴール9)

    資源利用効率の向上と環境に配慮した産業プロセスの改善により、持続可能性を向上させる

  • SDGs11住み続けられるまちづくりを

    住み続けられるまちづくり(ゴール11)

    産業廃棄物をリュース活用することで、都市部の一人当たり環境影響を軽減する

  • SDGs17パートナーシップで目標を達成しよう

    パートナーシップで目標を達成する(ゴール17)

    業種・業態に関わらずSDGsへ貢献が可能な活動として、広くパートナーシップを募り活動を推進する

お問い合わせはお気軽に

ご興味のある企業担当者様、お電話の場合は、080-7002-8499 までお気軽にご連絡ください。

メールの場合は以下よりお問い合わせをお願い致します。

お問い合わせ